鏡開き館HOME
日取りについて(六曜・六輝)

日取りについて(六曜・六輝)

六曜(ろくよう・りくよう)・六輝(ろっき)とは

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜があります。
日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多く、現代でもかなりの影響力があり「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と密接に結びついて使用されています。
結婚式や式典にしても贈り物の樽酒の到着日にしても、こちらの六曜を意識してみても良いと思います。
最近では結婚式ならあまり六曜を気にしない傾向にあるようです。ご参考まで。

大安(たいあん):一日中、吉で、大いに安しの意味。旅立ち・移転・開店・結婚など、万事に良いとされる大吉日。
友引(ともびき):午前中と夕方は吉、正午のみ凶。凶事が友に及ぶという意味。特に葬式を忌みますが、「友を引く」として結婚式には喜ばれる。本来は、何をしても勝負がつかないとされる日。
先勝(さきがち):午前中は吉、午後は凶。先んずれば勝つという意味。急ぐことが吉とされる日。
先負(さきまけ):午前中は凶、午後は吉。先んずれば負けるという意味。何ごとも控えめにすることが吉。
赤口(しゃっこう):正午のみ吉。午前・午後は凶。赤口神という鬼神が人々を悩ます日と言われている。
仏滅(ぶつめつ):すべて凶。仏も滅するような最悪の日という意味。特に勝負事と取り引きに悪い日。